日本気圧バルク工業株式会社

日本気圧バルク工業株式会社、養殖研究部は高気圧酸素環境が生物に与える影響を研究しています。

恐竜が巨大化できた理由はいくつかあります。成長のスピードがものすごく速かったことだ。体長が20~30メートルあった巨大な草食恐竜でも、卵からかえったばかりのときは体長50センチメートル、体重10キログラムもない。それが最も速いときは1日に体重が10キログラムくらい増えたそうだ。ティラノサウルスもピークのときは1年で700キログラム以上も体重が増えたといわれる。軽自動車1台分増えたことになる

恐竜は爬虫(はちゅう)類や鳥のように卵からかえる。成長が速い分、卵が小さくなる。例えば、巨大草食恐竜の卵の重さはだいたいダチョウの卵の2~3倍しかない。小さい卵なら多くの栄養分を使わずに産める。あまった栄養分を体の成長に使えた。

酸素を効率よく取り込む呼吸の仕組みが大きかった

特に、酸素を効率よく取り込む呼吸の仕組みが大きかった。動物が生きていくには酸素が欠かせず、体が巨大になるほど大量に必要になる。哺乳(ほにゅう)類や爬虫類は肺で呼吸する。大型化した恐竜には、肺に「気のう」という袋(ふくろ)がついていた。

哺乳類や爬虫類の肺は息を吸って空気を取り込み、血液に酸素を取り込んではく。ただ、吸うときとはくときで通り道が同じなので、吸った空気とはく空気が混ざる。 恐竜は息を吸うとき、気のうに空気を取り込みながら、つながっている肺にも空気を送る。はくときにも、気のうにたくわえた空気を肺に送る。いつも肺を流れる空気は一方通行なので、吸った空気とはく空気が混ざらない。これで、巨大な体に十分な酸素を血液に取り込むことができたといわれる。

特に、くびと尾が長い大型草食恐竜には、巨大化した理由がもうひとつある。エサの植物をかまずに丸のみしていたことだ。かんで食べるとあごの骨や筋肉が発達して頭の部分が重くなり、くびを長くすることができない。体長が十数メートルあっても頭の部分は1メートルにも満たなかったようだ。くびが長いので、同じ場所にとどまったまま高い木の葉などを食べられた。

巨大な体を保つために必要なエサが豊富にあったことも大きい。恐竜が栄えたころは植物が育つのに必要な二酸化炭素(CO2)が現在の6倍もあり、植物が育ちやすかった。エサとなる植物がたくさん生いしげっていたから、エサに困らなかった。

高気圧酸素環境での養殖

日本気圧バルク工業株式会社の高気圧酸素ルームと酸素濃縮器を使用して様々な生物の養殖研究をしております。

スッポン

スッポンは、爬虫綱カメ目スッポン科キョクトウスッポン属に分類されるカメ。「キョクトウスッポン」「アジアスッポン」「ヒガシアジアスッポン」「シナスッポン」「チュウゴクスッポン」「ニホンスッポン」の名で呼ばれることもある。

カイコはチョウ目カイコガ科に属する昆虫の一種。和名はカイコガとされる場合もカイコとされる場合もある。カイコガと呼ばれる場合も、幼虫はカイコと呼ばれることが多い。クワを食餌とし、絹を産生して蛹の繭を作る。有史以来養蚕の歴史と共に生きてきた昆虫。 学名は「Bombyx mori」

トラフグ

食用として取引されるフグの中では最も高級とされる。他のフグ類同様に神経毒であるテトロドトキシンを含むため、業務として調理するには免許が必要である。特に肝臓と卵巣は毒性が強い。筋肉・皮膚・精巣は無毒。 石川県では1年以上も卵巣を塩漬けにしたうえ、さらに糠に漬け込んで毒を抜いた珍味「河豚の卵巣の糠漬け」が食用として供されている。ただし、解毒に至るプロセスは依然解明されていない。 本種は養殖もされる。近年では、毒をもたないトラフグの養殖がされるようになり、今後の動向が注目されるほか、2008年には栃木県那珂川町の株式会社夢創造が、2011年には長野県飯田市の飯田市南信濃振興公社が、ともに温泉水を用いた毒を持たないトラフグの養殖を成功させており「温泉トラフグ」の名称で地域活性化を行っている。 歯が鋭く咬む力が強いため、生きているフグの口に指を入れるのは非常に危険である。また、漁船の生け簀の中でフグ同士が喧嘩により傷つくのを防ぐため、捕獲したらすぐにプライヤーなどで歯を折る“歯切り”が行われる。

2020 日本気圧バルク工業株式会社