日本気圧バルク工業株式会社

岡部検品出荷センター

岡部町(おかべちょう)は、静岡市と藤枝市の間にあり、江戸時代には東海道の宿場町として栄えていました。現在も町内を国道1号が通り、静岡市との境界にある宇津ノ谷峠は現在でも交通の要衝であり、旧街道、明治・昭和初期・昭和中期・平成のトンネルが全て利用可能なまま残っています。

岡部宿

岡部宿は、東海道五十三次の21番目の宿場である。 現在の静岡県藤枝市岡部町。 隣の鞠子宿(静岡市)との間の旧国道1号(静岡県道208号藤枝静岡線)沿いや宇津ノ谷地区には、昔の街並が残る。1836年(天保7年)再建の旅籠・柏屋(かしばや)は、国の登録有形文化財に登録されている。また「岡部宿本陣址」(岡部宿内野本陣史跡広場)および内谷地区に残る「旧東海道の松並木」は藤枝市の史跡に指定されている。 明治に入り東海道本線が建設される際、当初は岡部宿を通る予定であったが、地形が険しい上に遠回りとなる宇津ノ谷峠を避けて大崩海岸を経由するルートに変更された(鉄道唱歌には宇津ノ谷峠のトンネルであるかのような歌詞があるが、事実を歌っていない)ため、東海道本線は敷設されないこととなり、宿場町としては衰退した。これに関して蒸気機関車の煙や火の粉を心配した住民が線路の建設を拒んだ(鉄道忌避伝説)という俗説もあるが、当時の新聞記事や県の上申書には東海道の各宿で積極的な誘致運動が展開されていたという記録こそあれ、反対運動があったという記録はない。1925年には、藤相鉄道が駿河岡部に通じたものの、わずか11年で廃止された。

旧東海道沿い青い建物が目印です。

検品業務

静岡県藤枝市岡部町にアジア最大級、1,000坪の酸素ルーム・カプセルの検品・出荷センターが2018年5月にオープンしました。出荷前の検品では、商品の品質や酸素ルーム、酸素カプセルの酸素の加圧、減圧を点検します。商品が受注情報と照合して間違いがないか調べます。間違って出荷すると、納品先に大きな迷惑をかけることにもなりかねませんので検品は非常に重要な業務です。

TIG溶接

溶接方法としてはガス溶接と似ていて、片手に溶接トーチ、片手に溶接棒を持って 溶接します。ステンレスやアルミの溶接に最適で、もちろん鉄の溶接も可能です。 また、各種溶接法の中でも溶接の見た目が美しく、アーク溶接(手棒)や 半自動溶接ではできないような細かい部分の溶接にも適しています。 TIG溶接部品の仕組みとしては、タングステンという棒に電流を流し、溶接する材料との間に 高温のアーク(電気がショートした時にバチバチッっと光っているのもアーク) を発生させ、その熱で材料同士を溶かして溶融(くっつける)溶接。 TIG溶接中材料に空気が入ると、溶接部分に欠陥が起き、見た目も悪くなってしまうので、 主にアルゴンガス(不活性ガス)という無色、無味、無臭で他の物質と科学反応を極めて起こしにくい 安全なガスを材料に吹き付け溶接部分に空気が入らないように溶接します。 アルゴンガスなどで溶接部品を保護するガス(シールドガスとも言われています)を使用して、 空気をシャットアウトすると強度が高く、同時に美しい溶接が可能になります。

Google Indoorview

Google Map

お問い合わせ 054-283-9257 24時間お問い合わせ 090-3303-7681